福岡市南区の司法書士/行政書士/土地家屋調査士の初回無料相談 

抵当権抹消登記の手続き

抵当権抹消登記は住宅ローン完済後速やかに行いましょう
 
住宅ローンを完済したら、抵当権抹消登記はすぐに行うのが安心です。通常、住宅ローン完済時には、金融機関から抵当権抹消登記に必要な書類一式を渡されます。受け取った書類をそのままにしていれば、どこに行ったか分からなくなってしまいます。
 
また受け取った書類が期限切れで、使えなくなってしまいます。
 
抵当権抹消の手続きの仕方がわからない場合や、自分で手続きする時間がない場合には、司法書士に登記手続きを依頼することができます。
金融機関から書類を受け取ってそのまま放置しておかずに、すぐに抵当権抹消登記のをしましょう。
 
抵当権抹消登記の必要書類
 
抵当権抹消登記は、対象となる不動産を管轄する法務局に、登記申請書と添付書類を提出して行います。法務局への提出は、窓口に直接持ち込む以外に、郵送でも可能となっています。
 
抵当権抹消登記に必要な書類は、以下の書類です。
 
登記申請書
法務局で登記申請を行うときには、登記申請書を作成して提出する必要があります。登記申請書の書式や記載例は、法務局のホームページでも参照できます。ルールに従って作成しなければ補正の指示があり、何度も法務局に出向くことになります。
 
登記識別情報または登記済証
登記識別情報または登記済証は、抵当権設定時に抵当権者に交付されます。住宅ローンを完済したら、金融機関から返還されますので、これを登記申請書に添付して抵当権抹消登記申請を行います。
 
登記原因証明情報
住宅ローン完済時に金融期間から交付されます。抵当権解除証書が一般的です。
 
抵当権者の委任状
抵当権抹消登記は、抵当権者と所有者が共同申請するのが原則となっています。抵当権者である金融機関は、登記手続きを委任するための委任状を発行してくれますので、これを使って登記申請を行います。
 
抵当権者のなお資格証明書
平成27年11月以降より抵当権者である金融機関の会社法人等番号を記載した場合には、資格証明書の添付は不要となっています。
 
登録免許税
抵当権抹消登記の申請時には、不動産1個につき1000円の登録免許税がかかります。土地と建物の両方がある場合には、2000円ということになります。登録免許税は収入印紙で納めます。

抵当権抹消登記報酬

報酬9千円 ※郵送費、登記簿調査費用は実費をいただきます
不動産2個からは1個につき1千円加算



※次の作業のすべてを当事務所が上記料金の範囲内でおこなわせていただきます

  • 不動産の法務局調査
  • 登記申請書類作成・法務局申請

 
抵当権抹消登記の前提で必要になる場合があります

  • 住所変更/氏名変更登記 
    報酬1万円(税別)
    不動産3個からは1個につき2千円加算
    ※次の作業のすべてを当事務所が上記料金の範囲内でおこなわせていただきます

    •  

    • 不動産調査
    • 必要な場合に住民票/戸籍取得
    • 登記申請書類作成・法務局申請